みんなで研修

masapk.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 12日

平成30年度 タカハタ工業安全大会開催

f0074973_12264011.jpg

f0074973_12264022.jpg
社員および取引先、約100名が集い安全祈願を行いました。

高畑社長 挨拶

f0074973_12325390.jpg
今年のスローガンは「新たな視点で見つめる職場、創意と工夫で安全管理、惜しまぬ努力で築くゼロ災」
建設業は仲間の目を意識することによって災害防止できる。一件の重大災害に至るまでに300のヒヤリハットがあると言われる。ヒヤリハットを少なくする努力が、各職場で大事なことである。


高和会 上銘会長挨拶
f0074973_12325474.jpg
先日 労災の現場写真を見た、悲惨である。決してセレモニーに終わらせることなく安全に対して取り組んで行かねばならない。


建築部の安全に対する取り組み(商店街にあるH様邸新築工事)

f0074973_12263842.jpg
f0074973_12325435.jpg
建築部 大谷 氏

今回の工事を進めていくにあたり、一番頭を悩ませたのが建て方時のレッカーの配置です。
  ・レッカー位置を初日と2日目で配置スペースを確保したこと
  ・隣家の駐車スペースをお借りできたこと
  ・プレカット打合せでは念密な計画をたてたこと
これらの方法をとったことで、前面道路にはほとんど干渉せず、安全に工事を進めることができた。


造作部の取組み
f0074973_12263977.jpg
f0074973_12325491.jpg
造作部 茶木 氏

1.安全書類作成
   ・一人親方の特別加入労災保険の加入
   ・足場の特別教育の受講
2.送り出し教育の実施
   ・現場のルール・工事工程・通行経路・作業方法の徹底
3.危険予知活動(K・Y)・リスクアセスメントの実施
   ・職長さんを中心に今月の作業内容、危険ポイントを現場で指差呼称している
4.安全衛生協議会へ月1回出席
5.事業主・幹部・現場担当者による
   ・月2回の安全パトロールと作業員とのコミュニケーションの実施
6.熱中症対策
   ・場内に冷水器、休憩室に塩飴、トイレの脱水症状チェックシートで水分補給の目安とする


製造部の安全に対する取組み
f0074973_12263843.jpg
f0074973_12325407.jpg
製造部 野村 氏

1.毎朝の安全スローガンの唱和で安全意識を高める
2.工場内、機械の非常停止ボタンを色分けで見やすく
3.カーブミラーの設置で安全に横断
4.工場内、鉄骨階段に黄色の滑り止めを塗布
5.安全通路の確保
6.2tトラック用はしごの常時設置
7.集塵機横の足場を設置
以上、リスクアセスメント・5S活動で危険を洗い出し是正を行ない、安全職場労災0を目指して取り組んでいます。


安全表彰
f0074973_12325454.jpg
サカイ板金  境 圭信 様
f0074973_12325496.jpg
たけだ建築  武田 吉弘 様
f0074973_12325477.jpg
(有)田口木工製作所  豊岡 幸三 様


安全優秀賞を受けられた企業の皆様おめでとうございます

安全宣言
f0074973_12325574.jpg
建築部の 道畑 知之 氏が力強く安全宣言


特別講演
講師 三遊亭 多歌介 様
演題 「江戸下町の安全活動」~落語に学ぶ安全の知恵~
f0074973_12325579.jpg
f0074973_13174678.jpg
f0074973_13174602.jpg
働く上で大切なことは 仕事に対する感謝を言葉に出して「ありがとう!」と言うこと。
若い方にも「良かったよ、ありがとうな」と声をかけてください、張り合いになりますから。
あと、現場で出会った皆さんと顔見知りになること、仕事がスムーズに運ぶんですよ。

笑いの中から なるほど!という教えをたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。


閉会の辞 中村常務挨拶
f0074973_13174638.jpg
政府の働き方改革として残業、正社員とパートの平等、高度プロフェッショナル制度など、労働時間の規制をはずし能力のある方にはどんどん働いてもらうという法案が国会で可決されました。
20年前からの週休二日制度に建設業だけが進んでいない。
若い人を取り入れるための週休二日制には今後対応していかなければならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



[PR]

# by masa-pk | 2018-07-12 13:22